こだわりの天然塩で作った有機栽培の梅製品【無添加 産地直送】

ゆあさ農園の梅製品は、第一に安全・安心をモットーに有機栽培の梅を使って作っています。園主の湯浅さんは、大正時代から続く梅農家の4代目ですが、初めはサラリーマンをしていて、1994年から会社を退職して始めています。自身、合成洗剤追放運動などに参加されたりしていて、口にするものの安全を大切にする考えで農園を継いでいます。先代の栽培方法は継承しないで、虫や病気に強く風味の良い品種にして少しずつ有機栽培の木に移して10年かけて切り替えました。

自家栽培した梅は、2014年から「有機農産物」と「有機加工食品」の認定を受けてさらに信頼して頂けるようになりました。もちろん、それ以前のものも同じように栽培・加工していますので、商品自体は何も変わっていません。有機栽培の梅干しは、世界、国内の天然塩を厳選して作っています。例えば、フランスの「ゲランドの塩」、キリバス共和国の「クリスマス島の塩」、佐賀県の「一の塩」、沖縄県の「青い海」などの塩を使ってそれぞれ特徴ある、それでいてシンプルな「昔ながらの梅干し」に仕上げています。作り方は梅と塩だけのシンプルなものなので、素材の良し悪しがその味にとても影響を与えてしまいます。ゆあさ農園さんの商品は、すべて化学調味料や食品添加物など一切使用しないで安心して頂けるものです。「ここの梅干しは、おばあちゃんが手作りした懐かしい味」と言われて評判です。


◆NHKの番組で紹介されました!(2016年6月放送)
有機栽培の梅を世界各地の美味しい塩で漬けた梅干しを作っているゆあさ農園さんは、地元紙などで紹介されていたりしていますが、今回は、NHKさんで紹介されました。

群馬県は和歌山県に次いで梅の生産量が第2位なのですが、その中でも生産量が多いのがここ榛名山の麓の高崎市上里美町周辺です。約10万本の梅の木が植えられています。その梅農家で群馬の梅をもっと楽しんでほしい、知って欲しいと商品開発をしている梅農家としてゆあさ農園の梅干しがNHKの「おはよう日本(首都圏版)」と「ほっとぐんま640」で生中継されました。世界各地の塩を使った梅干しや20年物の梅干しなどが紹介されました。ただ、有機栽培という表現が一つもなかったのは少し残念でしたね。


ゆあさ農園では、環境にも注意をはらい、農園や自宅の電気はすべて太陽光発電で賄い、自然環境にもやさしいもの作りを心掛けています。

梅製品一覧

有機栽培 青梅・完熟梅

農薬を一切使わずに有機栽培した青梅・完熟梅を梅農家より産地直送しています。

昔ながらの梅干し

有機栽培の梅を世界各地の天然塩で漬けたシンプルな懐かしい梅干しです。

梅酢

昔ながらの梅干しから作ったおいしい梅酢です。サラダなどにかけたりすると美味しいです。

かける梅干し

昔ながらの梅干しから作った素朴な味です。お豆腐や納豆にかけると美味しいです。